宮城県自動車車体整備協同組合

宮城県自動車車体整備協同組合のホームページです。

 022-284-7569

営業時間 9:00~16:00

組合概要

ご挨拶

union_main

 新執行部になり3年が経過致しました。過去3カ年の組合員数の動向を見ると平成26年度脱退11社加入0社、平成27年度脱退8社加入1社、平成28年度脱退5社加入5社で本年度は脱退1社加入4社と漸く歯止め傾向となって参りました。しかし、まだまだ組合員の皆様方のご要望にお応えできる運営体制にはなっておりませんが、引き続き努力して参りますので、今後ともご支援ご協力をよろしくお願い致します。

 さて、「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さとなった景気はいつまで続くのかと期待と不安が入り混じる局面です。最近の企業業績を見ると上場企業の18年3月期の純利益は2年連続で過去最高を更新する見通しとなっており、これらを背景に昨年11月には日経平均株価は2万2千600円を突破し更に値上がりが期待されております。しかし、一般生活者の間では景気回復の実感が乏しく3月に入り輸入小麦粉や物流費の高騰により関連製品等の値上げが続いており、賃金の低迷と相まって個人消費は引き続き落ち込んでおります。本年は2月に平昌冬季五輪6月にロシアでのワールドカップサッカーの開催、2020年の東京オリンピックに向けての建設投資への期待等もありますが、一方でトランプ政権の基盤の揺らぎや北朝鮮問題、更に中国経済減速リスクに加え18年10月には消費税の10%アップも控えておりこれらへの備えも懸念されております。
また、身近な話題としては、先頃行われた「宮城県における中小企業の労働事情実態調査」報告書によると経営上のあい路として業種を問わず「人材不足(質)」が43%と最も多く、その対応も、経験者の中途採用や賃金の引上げ、残業の増加等により凌いでいる現況が明らかとなっています。

 本業界も人材確保対策が従前より叫ばれて参りましたが、今後、更に対策を講じていく事が喫緊の課題となりそうです。
このような状況の中、本組合での事業実績としては人材養成事業の一環として車体整備士養成講習の開催を企画いたしましたが定員20名に届かず止む無く本年10月に延期を致しました。カリキュラム等が定まり次第改めて、ご連絡致しますので、ご案内の際は受講頂けますようご配慮をお願い致します。

また、日車協連が薦める「先進安全自動車対応優良車体整備事業者」自主認定制度の動向としては本県で2社の認定申請があり、今後も多数の申し込みがあるものと期待しております。

 また、賛助会員や外部団体等からセミナー等の開催案内を頂き、多彩な研修会を開催させて頂きましたことに御礼申し上げます。
更に「日車協連全国ニュース」「スキルレポート」「各種セミナー案内」「点検整備運動ポスター・チラシ」を提供すると共にホームページを活用した各種の教育情報提供事業に取り組みました。

 これらの事業活動は組合員の皆様方並びに関係各位のご協力により成果を挙げることが出来たものです。
平成30年度も、役員一同一致協力して組合活動の充実強化を図って参りますので、組合員並びに関係各位に於かれましては引き続きご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶と致します。

平成30年6月1日
理事長 山城正溫

組織図

tree1

組合概要

名称 宮城県自動車車体整備協同組合
代表者 理事長 山城正溫
設立 昭和57年12月1日
所在地 〒983-0034
宮城県仙台市宮城野区扇町3丁目3−23 【MAP】
TEL 022-284-7569
URL http://miyagi-car.org/

役員の氏名・所属

役職名 氏名 所属
代表理事
理 事 長
山城正溫 (株)山城外装工業所
副理事長 上垣弘司 (株)上垣自動車工業所
副理事長 加賀洋一 (有)加賀自動車整備工場
副理事長 千葉茂樹 (株)タック
専務理事 中山 宏 (員外理事)
理事 高橋繁雄 (株)ミナトボデー
理事 山本月雄 (株)太陽自動車工業所
理事 阿部 巧 (株)阿部板金塗装工業
理事 亀山安雄 (有)マルカメ自動車工業
理事 佐藤光正 佐藤自動車板金塗装工場
理事 藤村敏明 (有)田谷自動車工場
理事 山田正広 (株)山田自動車工業所
理事 但野一美 (株)但野板金塗装工業
理事 阿部 修 丸幸自動車工業(株)
理事 菅原勝郎 (株)オートボディ菅原
理事 遠藤雅範 (有)遠藤自動車塗装
監事 鈴木勇人(はやと) 仙台鈴木自動車工業(株)
監事 亀井典幸 三和自動車商事(株)

平成29年 5月12日就任